ブリキのおもちゃ

劣化を防ぐために

骨董品や美術品は年数経過により劣化する場合があります。
劣化を避けるためには、保管場所に気をつけ定期的に確認する必要もあります。
ほこりやカビは最も商品に影響を与えるため、そのような状態になったら早急に対処し、商品をほこりやカビから守る事で、劣化を防ぐ事ができます。
年に一度は箱から出しほこりやカビの確認をする、汚れや湿気の有無を確認する等の確認作業を徹底する事で、あらゆる問題から商品を守る事ができます。

専門家の鑑定が必要
蔵などがある古い御宅ですと、自分では価値のわからない骨董品や美術品が、置かれている場合があります。
家族が値打ちものだと知らずに捨ててしまう時もあるでしょう。
もし家の中に、自分でも値打ちの判断がつかない骨董品や美術品らしきものがあったなら、古美術商や鑑定の専門家にお願いして値段を聞いてみるといいでしょう。
せっかくのお宝があったらもったいないと思います。
ついでに買取価格も聞いてみるといいのではないでしょうか。

本来の値段を知る
買取価格は、鑑定した方によって差がでてくるものです。
もし心配なら、複数の方に依頼してみるのも選択肢の一つです。
その中で、一番納得のできる買取価格を提示した方に、購入してもらう方法もあります。
市場に詳しければ、より妥当な金額が自分でも想定できるのですが、骨董品や美術品の鑑定は本当に素人には難しいものです。
信頼のできる評判のよい方に鑑定してもらえると幸運ですね。
鑑定してもらった値段は、売値としては最低の価格と思われてよいでしょう。

欲しい方に売る
最低いくら以上はするとわかれば、そこから交渉をしていくことができますね。
例えば美術品のオークションなどに出す方法もありますので、最低でもその鑑定価格以上という設定で始めることも可能です。
スタート価格を決めておけば、本当にその作品が欲しいと思う方は、さらに高い値段で買取をしてくれるでしょう。
このようなオークションの形式なら、売る側も買取をする側も、決して後悔のないお互いが納得する金額で取引をすることができます。

日本人形

美術品との違い

古い絵画や彫刻が、骨董品と同一視されることは良くあります。
その違いを説明するのはとても困難です。
マスターピースと呼ばれる芸術品も、大きく分けると骨董品に分類されると考えられます。
ただし、美術品のように一部の収集家の間だけで流通する物品ではなく、広く多くの愛好家によって取引されています。
最近ではテレビ番組の影響もあり、目利きを自負する人も少なくありません。
ですが真贋を見極めるのは簡単ではなく、長い年月による経験が必要となります。

買取される骨董品
ただ古いからといって、全ての古美術品や古道具類が商品として扱われるわけではありません。
買取される骨董品にはいくつかの条件が伴います。
例えば、その品物の状態(傷の有る無しやシミやカビが付いていないかどうかなど)や希少価値、作者が誰であったかなどが価格を決定する要因となります。
もし、骨董品を高く買取されたければ、その品物の歴史や価値を詳しく調べることをお勧めします。
その上に、保存状態をしっかりと確認し、古美術商や収集家に値切られないように心がけることが重要です。

良い目利きに出会う事
骨董品や美術品は、物によって値段の価値が様々です。
鑑定をする際は、年代が古い方が高価とされ、作品を作った人の名前や作られた時代等も考慮されます。
骨董品や美術品の買取を利用する時は、質の良い目利きの店で売る事が重要です。
質の良い目利きが居るかどうかの判断は、見分けるためのポイントがあります。
店に高価な商品が置いてある、歴史が長く信頼がおける、お客さんが頻繁に訪れる店は、質の良い取引が可能な安心できる店です。

持ち込む際の注意点
高値買取を実現するため、いくつか注意点があります。
1つ目は骨董品の場合、木箱があれば箱に入れて持ち込む事です。
木箱の有無は価格に反映されます。
有るだけで高額買取も予想されるため、有利です。
美術品の場合も箱があれば一緒に持ち込みます。
ただ美術品は箱に保存されている事があまり多くないため、無くても問題無いです。
2つ目は目立つ汚れや傷を除去する事です。
できる範囲でも良いので、商品に清潔感を持たせるために必要です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031